月別: 2019年12月

キャッシングで行う本人確認とは一体どのようなものなのか?

キャッシングを行うにあたり、キャッシングを行う人が果たして張本人なのかと言うことを確認するための本人確認と言うものが存在します。本人確認とは一体どのようなことを行うことなのでしょうか?

1つ目は申し込みを行うにあたり自分が所属している会社を記載しなければならないのですが、その会社に対して消費者金融側から電話が行きます。その際に提示を行った会社に借り入れを行う自身がいるかどうかを確認することが1つ目の本人確認となります。

そしてもう1つは、キャッシングを行うにあたり公的な身分証明書を提示しなければなりません。運転免許証や健康保険証等を指しますが、そのような身分証明書を提示することが2つ目の本人確認となります。いずれもキャッシングを行う際には必要なこととなりますので、しっかりと覚えておいた方が良いでしょう。

学生でのキャッシングは学生であることは言うほど重要ではない

学生におけるキャッシングのサービスというのはまず二十歳以上であれば別に学生であれも問題はないということになります。年齢的にはそうです。その上で収入がきちんと安定して存在しているということがかなり重要な要素になります。

そうでないとそもそも返すことはできないということがありますのでその点をよく理解しておきましょう。大学生であろうともアルバイトなどで収入がありその上で二十歳を超えているというのであれば確実というわけではないですが貸すことができる条件にはクリアしている可能性が高いです。学生であるということが必ずしもだめという条件に入るわけではないと理解しておきましょう。割と知られていない部分といえるでしょう。

キャッシングの金利と比較検討と

キャッシングの比較検討をする時に、確認しておきたいのが金利です。特に、高額融資を希望している人や時間をかけて返済をすることを考えている人は、細かい桁にまでこだわっておいて損がありません。

ほんの僅かな金利の差でも、借入金額が大きくなれば支払う利息に大きな影響が出ます。そして、もう一つ利息に大きな影響を与えるのが借入期間です。完済までの期間が短ければ高額借入でも少ない利息で済むことが多いのに対し、ゆっくりと時間をかけて返済をする場合は少額借入でも多くの利息を支払う必要が出てきます。それだけに、借りた後は毎月少しずつ返済をしていきたいと考えている場合は、少しでも金利が低い業者を選んでおく方が良いでしょう。

プロミスのキャッシングについて

私がプロミスのキャッシングを始めたのは3年前の秋ごろです。

当時派遣社員として病院の事務職での仕事を始めたばかりでした。

派遣社員としてお仕事を始めたのですが、収入が低く、公共料金や家賃の支払いが遅れてしまい、最初は他社のキャッシングの申し込みをしたのですが、審査落ちをしてしまって。

プロミスのキャッシングの申し込みをまだしていなかったので、申し込みました。

審査の結果は通り、その日にキャッシングをすることができました。

それからは借りては返すの繰り返しの毎月が始まりました。

親戚や家族、友達、会社、知り合いにお金がなくなったらさすがに「お金を貸してほしい」と言えないので、みんなに内緒でキャッシングをすることになったのです。

しかし、これからは返済が大変になるので、キャッシングはなるべくしない方が無難です。

消費者金融の無利息サービスについて

プロミス、アコム、アイフル、そしてレイクALSAでは、初めての契約に限り、30日間の無利息サービスを行っています。30日以内に完済すれば利息はゼロ円なので、困っている時にはとても助かるサービスです。

この4社の中で、特に利便性が高いのが、レイクALSAの無利息サービスです。レイクALSAでは、30日間と180日間の2種類の無利息サービスを提供していて、どちらか片方だけ利用できるシステムです。30日間無利息サービスでは、借入金全額が無利息となり、180日間の方は、借入金のうち5万円だけが180日間無利息になります。10万円以下の小額の借り入れの場合は、長く借りていられる180日間の方が便利です。どちらがお得になるかは、レイクALSAのサイトでシミュレーションすることができます。

キャッシングは未来の収入を前借するサービス!長期利用で未来に使えるお金も減る!

キャッシングは、急な出費から纏まった出費まで対応できるため、手元にお金がない時には便利です。しかし、金利設定により利息を支払うものでもあり、これは利息という対価を支払い融資を受けるサービスでもあります。そして、キャッシングは未来の収入を前借するものとなっています。

キャッシングによりお金の不足を補えるものの、実質的には未来に自由に使用できるお金も減ってしまうといった問題があります。特に注意するべきことは、金欠状態が慢性化している方の場合、キャッシング利用による対価の支払でより金欠を悪化させてしまうということです。

キャッシングを利用して良いのは、お金の不足が一時的もしくは短期間であり直ぐに返済できるかどうか、または将来的に収入アップが確実であるかどうかです。毎月たった数千円や1万円の返済額だからといって甘く考えると、返済不能となり、返済が遅れ遅延損害金が加算され、負の連鎖に陥ってしまいます。

先ずは、その借り入れが本当に必要なのか慎重に判断することが重要です。特に生活に大きな支障がなく、商品やサービスの購入を直ぐに行う必要がないという時にはキャッシングに頼らないことも重要です。

おまとめローンを利用した後の借入

おまとめローンを利用する時に考えておきたいのが、これから先の借入についてです。一般的なカード論の場合、限度額に余裕があれば何度も借入を行うことができますが、おまとめローンというのは返済専用のサービスです。そのため、毎月しっかりと返済をしている状態であっても、新たに借入をすることはできません。

困った時には、すぐにお金を借入できるようにしておきたいのであれば、おまとめローンを利用しない方が良いでしょう。ただ、現在の借金を完済することを第一に考えているいのであれば、新たに借入ができないおまとめローンの活用が有効です。新たに借入ができない状態になれば、借金の返済に集中をすることができるため、完済できる可能性が高まります。

カードローンは生活を応援してくれる利便性の高いものです。

お金を借りるということに抵抗感のある人も多いと思いますが、カードローンは上手に利用すればとても利便性の高いものです。

例えば、友人の飲み会で盛り上がり二次会に行こうという話になった時など、いつも財布に余裕があるわけではありません。カードローン会社のキャッシングはコンビニATMで24時間利用できるため、急な出費にも対応できるようになっています。

利息が付いてきますが友人から借りるよりもメンツは立ちますし、後の返済を巡って人間関係が崩れる恐れもありません。人から借りれば利息は払わなくてすみますが、そとことで人間関係に亀裂が生じるよりは、少しの利息を払ってでもキャッシングに頼った方が長い目で見ると利益は大きいです。