月別: 2019年11月

カードローンの選び方を工夫して利便性を高めるには

消費者がお金を借りたいと考えた場合、カードローンとキャッシングから選べます。キャッシングは消費者金融会社が提供している融資であり、カードローンは主に銀行や信用金庫が提供している融資ですので、貸金業法で定められている総量規制という仕組みを意識せずに、お金を借りたい場合にはカードローンを組み合わせるという方法が有効です。

カードローンは、メガバンクとネット銀行では貸付利率に差があります。これはネット銀行の方がメガバンクや信用金庫よりも様々な部分でコストカットが出来る点で有利であり、貸付利率が低くなっています。その為、返済の負担を減らしたいと考えている利用者にとってはネット銀行が展開するカードローンは適していると言えるでしょう。

キャッシングの申し込みをする時の本人確認について

キャッシングサービスの申し込みをする際には、本人の身元を確認するために、「本人確認書類」の提出が必要です。

キャッシングサービス利用申込書に、利用者本人が記入した氏名や住所が、本人のものに間違いがないかどうかを、提出した書類と照合し、本人確認をします。

本人確認書類は、氏名、住所などが記載されている「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」のいずれか1点でかまいません。

もし、結婚などで名字が変わったり、引越しなどで住所が変わった場合は、キャッシングサービスの申し込みをする前に、きちんと変更の手続きをしておくことが大事です。

キャッシングサービスの申し込みは、窓口以外に、自動契約機で申し込みをすることもできます。

自動契約機で申し込みをする場合は、本人確認書類をスキャンして、画面で本人確認が行われますので、キャッシングサービスを申し込みする時は、必ず書類が必要になります。

フリーター、大学生だけれど…アルバイトでもキャッシングはできる?

成人している大学生やフリーターの方など、アルバイトをしている方も、いろいろな事情で急にまとまったお金が必要になることもあります。

そんなときに、アルバイトでもキャッシングに申し込むことができるのか、不安に思われる方も少なくありません。

基本的に、アルバイトを継続していて返済が可能だと判断されれば、アルバイトでもキャッシングに申し込むことができます。

キャッシングは「安定した収入がある人」と要件に入れられていますが、アルバイトの方でも在籍確認がきちんとできればキャッシングの申し込みができます。

そのために、例えばアルバイトを始めたばかりの方でも、きちんと職場の在籍確認さえできれば、キャッシングに申し込むことができるのです。

キャッシングの申し込みを諦めてしまう前に、ぜひスタッフと相談することがおすすめです。

キャッシング利用を経験した私が感じたこと

生活費が足りない時、最初はほんの軽い長持ちでした。それまでクレジットカードは買い物だけに使うものと認識していた私。

キャッシングが付帯しているとは知る由もなかった。どうしても月末厳しいなぁなんて、貯金残高を見ながら、ネットで色々調べているとキャッシングという文字に目が止まってしまった。フルタイムで働いているし、すぐに返せる自信もあったりして、持っているクレジットカードの使用限度額を調べ10万円借りた。あまりにも簡単に借りれたので少し怖くなった部分もあるけど、ちゃんと返済できている。家計を管理している立場の私にとって主人には未だに秘密の出来事です。

きちんと返済計画を立てて、限度額内で利用すればほとんど問題ないと思います。

即日融資を使う際に注目しておく点とは

キャッシングは消費者金融会社が提供している融資サービスですが、即日融資も実施していますので多くのユーザーに最適です。キャッシングは限度額上限まで使えますので、様々な借り方が考えられます。限度額上限まで使うのであれば、一回で返済するという事も行えます。何回も使うのであれば、返済毎に利息が発生しますので注意しなければいけません。

即日融資で注目するべき事は、申込みから審査・契約まで一日で済む事です。その日のうちに、お金を借りたいのであれば、Web申込みをするのが一番良い方法でしょう。審査は申込みがあれば、早期に行われますので審査結果が出る時間も早くなります。その為、即日融資を受けられるようにする事で自在にお金を使えます。

借金をし過ぎないための総量規制

キャッシングをする際には「総量規制」という言葉を耳にすることもあると思います。

総量規制は消費者金融などで用いられ、利用者の年収の1/3以上の貸し付けをすることはできないという決まりです。

金融機関としても貸し倒れのリスクを減らして損を減らすことができ、利用者が借金をし過ぎないようにするために作られた決まりといえます。

年収が低い人は多くの借金をすることはできないというのは当たり前のようにも思えますが、これによって専業主婦やパート・アルバイトの方など収入が少ない人も借り入れがしづらくなるという側面もあります。

総量規制の対象ではない銀行などの金融機関では収入に関係なく誰もがキャッシングに申し込める仕組みになっているところもありますが、収入は審査に大きく影響を及ぼす項目であることはどの金融機関も共通しているようです。

安心感を求めるなら金融機関系のカードローンを

消費者が気楽にお金を借りられるサービスとして消費者金融系のキャッシングのサービスは依然として人気がありますが、近年では金融機関系のカードローンを選択する人も増えています。金融機関系の提供しているカードローンは消費者金融系のキャッシングと比べて金利が安いというのがその理由です。

仮に同じ金額を借り入れたとしてもキャッシングと比べてカードローンの方が最終的に返済しなくてはならない金額が低くて済むのです。そのため、借り入れたお金の返済が心配だという方の場合、より金利の低い金融機関系のカードローンの方が安心してお金を借りることができるのです。返済の不安を感じることなく、安心してお金を借りたいのなら金融機関系のカードローンをお勧めします。