月別: 2019年10月

アルバイトの人が初めてキャッシングを利用する場合の注意点

アルバイトとして働く場合には、月末の給料日前に家賃や公共料金の支払いで苦労することがよくあります。しかしキャッシングを上手に活用して当面の資金を確保すると、生活で困ることがなくなります。一方でキャッシングを初めて利用するときには、審査に通らなくて必要な金額を借りることができないと考える人がいるのも事実です。

けれども消費者金融や銀行は、安定した収入がある人には融資をしてくれるので、アルバイトであっても希望する金額を借りることは十分に可能です。またウェブサイトで申し込むときに、運転免許証などの必要な書類のスマホ画像を用意することが重要です。融資枠の上限が小さい時には審査も簡単なので、最初は無理をしないで必要最小限のお金を借りることが大切です。

キャッシングの申し込みをする時に健康保険証が本人確認書類として適用されない事がある理由は?

キャッシングの申し込みをする時に本人確認書類を提出しなければいけません。それで健康保険証を提出しようと考えている人もいますが、業者によっては適用されない可能性もあるので注意しなければいけません。そこでなぜ健康保険証が本人確認書類として適用されない事があるのか理由を挙げていく事にしましょう。

健康保険証は公的な機関で発行されているので身分証明書の役割も果たします。しかし顔写真が掲載されていないのでお金の貸し借りをする時の身分証明としては不十分と考えてしまう業者もいます。また業者によっては運転免許証のみとなっている場合もあるので健康保険証が適用されない事があります。キャッシングをする時はなるべく運転免許証を本人確認書類として提出するようにしましょう。

安心して申込を行える自動契約機のキャッシング申込

多くの地域にキャッシングの自動契約機が設置されていて、申込をスムーズに実施することができます。周りの視線を遮断しているだけではなく、防音対策が行われていることがほとんどなので、申込に集中することができます。その他にも自動契約機は基本的にタッチパネル式が採用されているので、初めて申込をする方もほとんど困惑しないで、手続きを進めていく事ができます。

室内は快適な室温が保たれており、長時間利用することになっても心身ともに負担が発生しないように配慮されています。スピーディーにキャッシング手続きをしてくれる消費者金融の場合は、一時間ほどで全ての手続きを完了できる場合もあります。申込を少しでも完了させる事ができるように身分証明証の他に収入証明証なども準備しておくと安心です。

楽天銀行スーパーローンのメリットについて

カードローンに力を入れる銀行が増えている中、利用者数を伸ばしているのが楽天銀行のスーパーローンです。

楽天銀行スーパーローンのメリットとしては、金利が低いこと、ネット銀行なので(実店舗がないので)来店不要で申し込み手続きができること、カードローン利用状況に応じて楽天ポイントが貯まること、等が挙げられます。

さらに、スーパーローンと楽天銀行の口座開設を同時に申し込むと、初めての利用に限り30日間の無利息サービスを利用できます。金利は大手銀行のカードローンと同じレベルで、しかも無利息サービス付きになるので、利息を抑えることができます。

楽天スーパーローンに申し込む場合の注意点は、即日融資には対応していないことです。借り入れまでに時間の余裕がある場合は、おすすめのカードローンです。

審査が甘い?!アコムでキャッシング。

一般的に、審査が甘いとされているアコムですが、その話は本当なのか?

都市伝説的なものなのか?

本当に利用されたい場合は、とても気になる噂です。

私が試してみた結果…

審査が甘いのは本当です。

仕事をしていないと借り入れできないとされていますが、私は内職の仕事でも審査通りました。

実際の内職の仕事は出来高制で月に3万もらえればいい方でしたが、勝手に時給に換算して月収9万くらいだと言って嘘の申告をしてもバレることはなかったです。

会社も内職部門と普通の部門があったので、内職部門と言って在籍確認をしても実際に私は内職しているので、簡単に確認できます。

その流れで、アコムからは36万円まで融資してもらうことに成功しました。

月収3万でバレずに36万円も借り入れできるなんて、審査も甘いと思いませんか?

自身のない方は、最初からアコムで申し込むのもいいと思います。

銀行ローンを契約するときの注意点

消費者金融よりも銀行ローンの方が、罪悪感は少なくてすむかもしれません。

しかし、注意してほしいことが1点あります。

それは、銀行ローンには必ず保証会社というものがついていて、その保証会社は銀行のグループの消費者金融であることが一般的です。

たとえば、三菱東京UFJ銀行であればアコムやニコス、三井住友銀行であればSMBCフィナンシャルサービスが保証会社になっていること多いです。

保証会社の保証を受けられない場合には、銀行ローンの審査はおりないため、

すでにその消費者金融から借り入れを行っている場合には、その消費者金融の借入額や返済状況によっては契約を断られてしまうこともあります。

すでに消費者金融から借り入れをしている場合には、その消費者金融と同じグループの銀行は外す方が無難でしょう。

カードローンなのにカードレスは可能?

最近カードローンはコンビニATMの手数料が無料のところが増えており、財布にローンカードを忍ばせている方も多いことでしょう。しかし万が一財布を落とした場合暗証番号のメモなども一緒に入れていたら、悪用される可能性は大です。脇が甘いと悪用されても返済するのは契約者本人となるので、暗証番号などのメモは財布に入れるべきではありません。なおローンカードを紛失した場合は、直ちに金融機関のコールセンターに電話して指示を仰ぎまょう。

このようにローンカードを持ち歩くのは危険ですし、ローンカードから家族などに借金がばれる可能性もあります。そこでカードレスで契約できるカードローンはないのかというと、プロミスやSMBCモビットならカードレスで契約可能です。

金利0円期間を利用するとキャッシングの利息を減らせる

お金が足りない時の手段としてキャッシングは便利な借入方法です。審査を通過できればお金を引き出すことができるため、家族や知人など身近な人に頭を下げてお金を借りなくても自分の責任で足りない分を用意することができます。

キャッシングはスピード審査だったり、借入したお金の使途は自分で決められたりなど魅力が多い一方で住宅ローンやマイカーローンに比べて金利は高いです。金利が高ければそれだけ多くの利息が発生することになり、返済の負担が増えてしまいます。

しかし、金利0円期間を設けている業者を利用すると、期間内に返済をしてしまえば利息は発生しないのでお得です。そのため、キャッシングをする時は利用する業者をしっかりと選ぶことが大事です。