カテゴリー: 銀行系カードローン

銀行系カードローンで普通の人が利用するには、どんな条件がいいのか?

銀行系カードローンはいっぱいありますが、普通の人が選ぶのであれば、ここを選ぶといいというポイントがあります。

それは借入限度額が100万円前後付近が安いカードローンです。

普通の人ですと、まず借り入れ限度額というのは200万円もいきません。

高価格帯の限度額にはまず円がありませんので、低い金利というのは見てもしょうがないでしょう。

ですが、価格帯が低いところだったら普通の人でも借り入れできます。

そういった多くの人が利用できるレベルというのがおおよそ100万円前後くらいまでなのです。

その値段あたりについて特に安いカードローンを展開している可能性というのは結構あります。

近くの銀行でそういったところがあるのなら、ぜひとも利用してみるとお得に利用できる可能性があるのです。

収入証明が必要な金額の高さに特徴がある楽天ローン

金融業者から資金を調達するとなると、書類に関するネックが生じる事があります。特に多くの額を求めるときなどは、その傾向が顕著です。

一般的にキャッシングでは、まとまったお金が必要な時には、別途で書類が必要な事が多いですね。金額が低い時には、身分証明書1つで申込をする事はできます。ところが多くの額が必要な時には、給料に関する書面が必要な事もあるのです。

例えば、給料明細ですね。賃金業者などでは、50万円以上の金額を望む時には、その証明書が必要なケースが目立ちます。30万や20万など低めな金額なら不要ですが、50万などまとまった額になると、その書面が求められる訳です。

ただそのルールも、金融会社によって異なります。中には数百万以上の時に限って、その証明書が求められる業者もあるのです。そのような会社を望むなら、楽天ローンなどを検討してみると良いでしょう。なぜなら、かなり高めな金額の時に限って証明書が必要な業者だからです。

楽天の場合は、原則として300万未満ならそのような書面が必要な事はありません。したがって100万や200万などでも、上記のような給与証明は不要なのですね。

ちなみに300という数字は、数ある金融会社の中でもかなり高い事だけは間違いありません。たいていの賃金業者では、50万が1つの目安になるからです。楽天の大きな特徴の1つですね。

そして収入証明が求められるとなると、申込に多くの手間が生じてしまう傾向があります。多くの方々はお財布の中に身分証明書は収納していても、収入証明などを入れていない事は多いでしょう。その書面を準備するまでに、多少の時間がかかってしまう訳です。

ところが楽天の場合は、上記でも述べたように300万に満たない金額なら、それが不要になります。必然的に少ない手間で、申し込みをする事が可能なのですね。

人によっては急いでお金が必要なので、なるべく手間を抑えて申込をしたい事もあるでしょう。その場合は、給与証明などは不要な楽天が推奨されます。

プチリニューアルされていたイオン銀行カードローン

流通系のイオン銀行はネットバンクと思われがちですが、全国の大きめのイオン系の商業施設内に約140店舗ほど展開しています。ライバルであるセブン銀行の店舗はほとんどありませんから、実店舗で対面して相談できるというメリットがあります。

そのイオン銀行のカードローンはBIGと呼ばれる商品でしたが、実はこの春にリニューアルしてイオン銀行カードローンと名称が変わりました。主な変更点は、まず融資限度額が30万円から10万円に下がったことです。これは一見するとマイナスのように思えますが、30万円も必要ない方には使い過ぎないで済むためにかえってありがたい変更点です。

次に申し込みにイオン銀行の口座作成が不要となった点です。BIGは申し込み時点でイオン銀行の口座が無ければ、同時に口座開設の義務がありました。ですから口座がない方は融資を受けるまでに時間がかかるというデメリットがあったのです。

ただし現在も即日融資を受けるには、休日も含めて14時までに申し込みが完了している必要があります。そしてイオン銀行の口座がある方のみが、即日振り込み申請ができる点は変更ありません。ですからイオン銀行の口座がない方は、5日ほどで到着するカードでATMからキャッシングすることになります。

安心感を求めるなら金融機関系のカードローンを

消費者が気楽にお金を借りられるサービスとして消費者金融系のキャッシングのサービスは依然として人気がありますが、近年では金融機関系のカードローンを選択する人も増えています。金融機関系の提供しているカードローンは消費者金融系のキャッシングと比べて金利が安いというのがその理由です。

仮に同じ金額を借り入れたとしてもキャッシングと比べてカードローンの方が最終的に返済しなくてはならない金額が低くて済むのです。そのため、借り入れたお金の返済が心配だという方の場合、より金利の低い金融機関系のカードローンの方が安心してお金を借りることができるのです。返済の不安を感じることなく、安心してお金を借りたいのなら金融機関系のカードローンをお勧めします。

楽天銀行スーパーローンのメリットについて

カードローンに力を入れる銀行が増えている中、利用者数を伸ばしているのが楽天銀行のスーパーローンです。

楽天銀行スーパーローンのメリットとしては、金利が低いこと、ネット銀行なので(実店舗がないので)来店不要で申し込み手続きができること、カードローン利用状況に応じて楽天ポイントが貯まること、等が挙げられます。

さらに、スーパーローンと楽天銀行の口座開設を同時に申し込むと、初めての利用に限り30日間の無利息サービスを利用できます。金利は大手銀行のカードローンと同じレベルで、しかも無利息サービス付きになるので、利息を抑えることができます。

楽天スーパーローンに申し込む場合の注意点は、即日融資には対応していないことです。借り入れまでに時間の余裕がある場合は、おすすめのカードローンです。

銀行ローンを契約するときの注意点

消費者金融よりも銀行ローンの方が、罪悪感は少なくてすむかもしれません。

しかし、注意してほしいことが1点あります。

それは、銀行ローンには必ず保証会社というものがついていて、その保証会社は銀行のグループの消費者金融であることが一般的です。

たとえば、三菱東京UFJ銀行であればアコムやニコス、三井住友銀行であればSMBCフィナンシャルサービスが保証会社になっていること多いです。

保証会社の保証を受けられない場合には、銀行ローンの審査はおりないため、

すでにその消費者金融から借り入れを行っている場合には、その消費者金融の借入額や返済状況によっては契約を断られてしまうこともあります。

すでに消費者金融から借り入れをしている場合には、その消費者金融と同じグループの銀行は外す方が無難でしょう。

債務不履行から7年で楽天ローンが通った

数年前のことになりますが、どうしても借りていたカードローンやクレジットカードの決済が出来ず、返済不履行に陥ったことがありました。

もしかしたらブラックリストに載ったのかもしれませんが、本当のところはよく分からないままそれ以降は、クレジットカードやカードローンの類は一切持たずに過ごしてきました。

しかし、先立つものがないとき、カードローンほど便利なものもありませんから、どうしても1枚くらいは作っておきたいと思っていたとき、ネットで調べると、楽天ローンは比較的通りやすいことが分かりました。

改めて債務不履行を起した最後の年を調べ直すと、7年が経過していました。仮にブラックリストに載っていても、7年経つと情報が消えるとの噂もあります。

申し込みをしたら一発で通りました。大事に使うつもりです。

銀行の借り換えをするタイミング

車や住宅など高額な借り入れをしてしまった後に後々の返済に困ったりするケースが多々あります。

その際にどのようにして返済に困らないようにしていくのかが重要です。銀行では借り入れをした際には必ず金利というものが発生してしまいます。その際に銀行の借り換えというものが出来ます。

タイミング的にもこの銀行の金利は思ったよりも高いと感じた時が一番のポイントです。他社の金利より安い金利になる場合があります。今借り入れをしている銀行の金利よりも安い金利で借り入れをすることが出来る為、元金の返金や金利を多く払うことがなくなるのです。

1社の銀行のみで審査し借り入れシミュレーションを行っていない人にも銀行の借り換えはお勧めです。

超低金利が魅力の近畿ろうきんの「笑くぼ」

近畿地方にお住まい(お勤めの方も含む)の方でとにかく低金利でお金を借りたいなら、近畿ろうきんの笑くぼというカードローンがオススメです。融資限度額30万円・50万円・100万円と少なめですが、金利が年7.9%とプレミアムカードローン並みの低さとなります。

笑くぼへの申し込み条件は、まず近畿2府4県にお住まいかお勤めの方で、満20歳以上65歳未満の方です。さらに年会費無料の近畿勤労者互助会に入会し、近畿ろうきん指定の保証機関の保証が受けられることです。ちなみにパートやアルバイト、主婦の方でも50万円まで申し込めます。

笑くぼへの申し込みは、公式サイトの「仮申し込み」から行います。仮審査回答は最短即日でもらえます。その後申し込み書が郵送されて来て、記入して返送します。そしてカードが郵送されて来てからの利用開始となるので、最短でも申し込みから2週間はかかってしまいます。

借入や返済は提携ATMだけでなく、インターネットバンキングでも可能です。ちなみに提携ATM手数料は後で口座にキャッシュバックされるので、実質無料となります。また毎月の最低返済額は、各コース5000円・10000円・15000円と楽々返済可能な金額に設定されています。