カテゴリー: 消費者金融

過去にサービスを使った事がある場合はレイクのサービスをそのまま使える

キャッシングを利用する事で、自由に使えるお金を借りる事が出来ますが、レイクでもキャッシングを広く消費者にサービス提供をしています。

レイクで過去にキャッシングをした事がある場合は新規申込みをする必要がありません。その為、新規申込みの時に行われる審査を受ける必要が無く、レイクのカードを所持しているのであれば、レイクのカード番号などを公式サイトの会員メニューに入力して確認する事で利用する事が出来るかどうかが分かります。

次に確認する事は、限度額がまだあるかどうかという事です。限度額の上限まで使っていた場合には、増額をしたり、借入残高があるのであれば、その返済をしたりといった事が必要です。カードを失くしたり、解約したりした場合には、所定のフリーダイヤルに問い合わせをして使えるようにしてもらうといった処置も選べます。

レイクのキャッシングサービスは、長く使っていないユーザーに対しても、再び使えるようにしてくれる仕組みを用意している点でユーザーには便利です。

レイクのキャッシングは、スマートフォンやパソコンなどでネット経由で会員メニューにアクセスして利用出来るようになっていますが、過去に利用していたユーザーでもログインが出来れば使えますので、レイクのカードを使わなくなっても置いておいた方が良いでしょう。

消費者金融の利点をご紹介します

銀行と同じようにお金に困ったときに利用できる金融機関として消費者金融があります。消費者金融についてネガティブな印象を持っているかたが多いようなのですが消費者金融には銀行にはない利点がいくつかありますので簡単にご紹介していきたいと思います、まず消費者金融は銀行と比べてお金が借りやすい金融機関であるといえます。

消費者金融のキャッシングであればアルバイトやパートのような非正規社員として働いている方であっても融資を受けることが可能となります。安定した収入があることを証明しなければなりませんが非正規社員だからという理由だけで審査に落ちることはありません。

私もアルバイトで働いている非正規社員なのですが消費者金融の審査に通ることができました。他に借金もなくアルバイトですが勤続年数も7年ほどあり年収も200万円近くあるのが評価されたのだと思っています。消費者金融を利用する利点はまだほかにもります。申し込みをしてから審査があり実際にお金を借りられるようになるまでの期間がとても短いのです。利用条件さえ整えば即日キャッシングと言って申し込みをしたその日のうちに融資を受けることも消費者金融では可能となっています。

これは審査に時間のかかる銀行では受けられないサービスとなっています。また無利息でキャッシングの利用ができるサービスがあるのも消費者金融の魅力となっています。このサービスはすべての消費者金融から提供されているわけではありませんが幾つかの消費者金融において無利息キャッシングが利用可能となっています。このような利点から銀行ではなく消費者金融のキャッシングを利用するかたが増えているようです。

プロミスの便利な借入方法を解説

プロミスのカードローンには様々な借入方法がありますが、その中でも即日キャッシングをしたい場合や仕事などが忙しく外出が難しいけれどすぐに借入をしたいという人におすすめなのが指定の金融機関口座への振込キャッシングです。振込キャッシングにはどのような利点があるのかを解説していきます。

プロミスの振込キャッシングはインターネットから原則24時間振込手続きができますが、平日の9時~15時以外の時間に手続きをしても口座へ入金が反映されるまで、下手をすると数日待つ必要があります。

しかし三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行の口座への振込であればいつ手続きをしても最短で10秒程度で入金が反映される「瞬フリ」というサービスが享受できます。いずれかの銀行口座を用意しておくことでプロミスの借入がより快適になります。

J.Score(ジェイスコア)では無利息期間のようなサービスはない

J.Score(ジェイスコア)というのは最先端の技術を駆使した消費者金融です。

AIが審査をすることでも有名ですけど、J.Scoreには無利息期間のようなサービスは基本的にありません。

そこがJ.Scoreの特徴とも言えると思うのです。

他の大手の消費者金融では、いくつかの会社がこういった無利息期間というサービスを実施していて、それによって初回利用に限り利息をとられない期間を設定できるサービスがありますが、そういったサービスが受けられませんから、そこは知っておいてほしいです。

しかし、J.Scoreはその分金利が他の有名な消費者金融よりも明らかに安いので、無利息期間がある他の消費者金融よりもお得に利用できる可能性はあります。

でも、もちろん審査に通過しないといけないので、そこは頭に入れておいてほしいですけど。

プロミスのキャッシングについて

私がプロミスのキャッシングを始めたのは3年前の秋ごろです。

当時派遣社員として病院の事務職での仕事を始めたばかりでした。

派遣社員としてお仕事を始めたのですが、収入が低く、公共料金や家賃の支払いが遅れてしまい、最初は他社のキャッシングの申し込みをしたのですが、審査落ちをしてしまって。

プロミスのキャッシングの申し込みをまだしていなかったので、申し込みました。

審査の結果は通り、その日にキャッシングをすることができました。

それからは借りては返すの繰り返しの毎月が始まりました。

親戚や家族、友達、会社、知り合いにお金がなくなったらさすがに「お金を貸してほしい」と言えないので、みんなに内緒でキャッシングをすることになったのです。

しかし、これからは返済が大変になるので、キャッシングはなるべくしない方が無難です。