カテゴリー: カードローン審査

消費者金融のカードローンを利用中に収入証明は必要になる?

大手消費者金融のカードローンを契約する場合、50万円を超える契約額、もしくは他社借り入れ額との合計が100万円を超える場合は、収入証明が必要になります。ですが、収入証明が必要なのは、契約時だけではありません。例として、プロミスの場合、契約中も2年や3年毎、最長5年毎に提出が必要になります。

特に他社借入が無く、契約額増えていない場合には収入証明の提出することがデメリットとはなり得ません。しかし、契約期間中に他社借入も増えている場合、契約時に提出が不要だったとしても、追加提出が必要になります。さらに、所得証明の金額により、総量規制つまり年収の1/3を超える可能性が高くなる場合、一時的な新規借り入れ停止、契約更新が出来ないなどもデメリットも生じてきます。

そのため、申し込み時に所得証明書不要の条件で利用出来る消費者金融のカードローンを複数契約していたとしても、結果的にすべての会社へ所得証明を後々提出する必要も生じるため、可能な限りカードローンの所有は1枚に限定するなどの対策が重要になります。

大手消費者金融のカードローンは、申し込み時の1回だけ提出すれば良いということではない点を予め理解し、利用限度額の減額や利用停止を防ぐことも肝心です。