カテゴリー: カードローン審査

キャッシングを利用しようと思った時に審査をそこまで気にする必要があるか?

キャッシングを利用してお金を借りようと思った時に気になる事に
借り入れの審査に通るか不安というのがあります。

ですが、実際はそこまでキャッシングの審査に神経質になる事はないです、
もちろん、キャッシングの審査に落ちる人が一定数いるのは確かです。

でも、そういう人の多くはなんらかの問題を抱えていてキャッシングの審査に
落ちているという人が大半です。ですから、普通にキャッシングを利用しても
問題がない人が借り入れの申込みをしても審査に落ちる心配をしなくても良いです。

特に借りる先に大きなこだわりがなく大手のキャッシング会社以外からお金を借りる事に
抵抗がないという人ならよほど大きな問題がない限り審査に通ります。

なので、自分の収入が少ないと感じている人やすでに他のキャッシング会社から借り入れがあるという方も中小のキャッシング会社に借り入れの申し込みをすれば特に問題もなく
審査に通ります。

ただ、どこのキャッシング会社についても言える事ですが、収入があって
キャッシング会社もお金を貸す事ができます。

なので、返済能力を上回る金額を借りようと思ってもそれは無理なので
その点は分かった上でキャッシングを利用する必要はあります。

アルバイトだから審査に通るか心配していましたが・・・

アルバイトなんで難しいかなと思いましたがキャッシングに申し込んでみました。
直接店舗に行く勇気がなかったので、インターネットで申し込んだんですがけっこう緊張しますね。

別に生活費だったり、切羽詰って借りるわけじゃないので審査に落ちたところで問題はないんですけど、審査されるってけっこうドキドキするんですよね。

もし借りられたらかなり傷だらけでボロボロになってしまったバイクのタンクを新しくして、出来ればタイヤも新しく、なんて思っていました。

で、結果なんですが、一度目は落ちました。
落ちたというか修正を求められたというのが正しいですね。
提出した本人確認書類と、パソコンから打ち込んだ名前が違うという事で書類かパソコンから登録した名前を確認してくれという事でした。

私は苗字を普段略式で書くのでうっかりしていました。
そういえば最近では役所に届けた正しい漢字じゃないと駄目なんですよね。
ですがパソコンではその漢字は特殊文字の為無く、電話してその事を伝えたら向こうで何とかしてくれるという事で、しばらくしてからOKの返事が来ました。

最初はキャッシングするのにアルバイトだから審査通るかなと心配していたのですが、最終的には苗字に使われている漢字が常用漢字ではないから審査に通るかどうか心配になるというキャッシングデビューでした。

結局お金は無事に借りる事が出来ました。

消費者金融の審査はどのようなことになるのか

消費者金融は比較的金融サービスの中では借り易い部類にはなります。信用貸しということになりますから、担保や保証人などもいらないので極端に高い金額ではないのですが、それでも借りることに関しては最もやりやすいサービスであるといえるでしょう。

それはよいのですが問題は審査もある、ということでしょう。そもそもお金を貸すときに審査をしないということはありえないです。ですから、キャッシングサービスでもそれはあります。まず、見られるのが収入の有無です。消費者金融では総量規制があります。

これは年収の3分の1を超える貸付ができない、してはいけないという規制です。これはつまり、年収がないとそもそも貸すことができないともいえるわけです。年収に対する制限があるのですから、収入がないと基準が0になりますから、これを超えることができないからです。配偶者貸付などの例外の方法はありますが基本はそうなります。

そのため、消費者金融の審査というのは多少、業者によって違うことになりますが収入を見られるということはどこも同じになります。これがまずは基本になりますから覚えておきましょう。自己申告もしますが数ヶ月分の給料明細なども提出します。

キャッシング契約で注意したい印鑑不要という商品説明!

銀行や消費者金融でキャッシング契約する際、身分証明書だけで契約出来るケースがあります。所得証明書は、借入額により必要かどうか変わるものの、外出先や勤務先から手軽に申し込みができ、契約手続きにも印鑑は不要です。

ですが、完全に不要というものではなく、毎月の返済を口座から自動引落にする場合、銀行の届出印が必要ということもあります。そのため、完全に印鑑不要で申し込みから契約、そして返済手続きを済ませるためには、口座自動引落の手続きも印鑑不要で出来るかどうかチェックするのが重要です。

場合によっては、振替手続きの申込書が自宅に郵送されるものもあり、家族にばれてしまう要因となってしまいます。安易に商品説明のメリットや謳い文句に騙されないことが肝心です。

キャッシングで行う本人確認とは一体どのようなものなのか?

キャッシングを行うにあたり、キャッシングを行う人が果たして張本人なのかと言うことを確認するための本人確認と言うものが存在します。本人確認とは一体どのようなことを行うことなのでしょうか?

1つ目は申し込みを行うにあたり自分が所属している会社を記載しなければならないのですが、その会社に対して消費者金融側から電話が行きます。その際に提示を行った会社に借り入れを行う自身がいるかどうかを確認することが1つ目の本人確認となります。

そしてもう1つは、キャッシングを行うにあたり公的な身分証明書を提示しなければなりません。運転免許証や健康保険証等を指しますが、そのような身分証明書を提示することが2つ目の本人確認となります。いずれもキャッシングを行う際には必要なこととなりますので、しっかりと覚えておいた方が良いでしょう。

借金をし過ぎないための総量規制

キャッシングをする際には「総量規制」という言葉を耳にすることもあると思います。

総量規制は消費者金融などで用いられ、利用者の年収の1/3以上の貸し付けをすることはできないという決まりです。

金融機関としても貸し倒れのリスクを減らして損を減らすことができ、利用者が借金をし過ぎないようにするために作られた決まりといえます。

年収が低い人は多くの借金をすることはできないというのは当たり前のようにも思えますが、これによって専業主婦やパート・アルバイトの方など収入が少ない人も借り入れがしづらくなるという側面もあります。

総量規制の対象ではない銀行などの金融機関では収入に関係なく誰もがキャッシングに申し込める仕組みになっているところもありますが、収入は審査に大きく影響を及ぼす項目であることはどの金融機関も共通しているようです。

キャッシングの申し込みをする時に健康保険証が本人確認書類として適用されない事がある理由は?

キャッシングの申し込みをする時に本人確認書類を提出しなければいけません。それで健康保険証を提出しようと考えている人もいますが、業者によっては適用されない可能性もあるので注意しなければいけません。そこでなぜ健康保険証が本人確認書類として適用されない事があるのか理由を挙げていく事にしましょう。

健康保険証は公的な機関で発行されているので身分証明書の役割も果たします。しかし顔写真が掲載されていないのでお金の貸し借りをする時の身分証明としては不十分と考えてしまう業者もいます。また業者によっては運転免許証のみとなっている場合もあるので健康保険証が適用されない事があります。キャッシングをする時はなるべく運転免許証を本人確認書類として提出するようにしましょう。

審査が甘い?!アコムでキャッシング。

一般的に、審査が甘いとされているアコムですが、その話は本当なのか?

都市伝説的なものなのか?

本当に利用されたい場合は、とても気になる噂です。

私が試してみた結果…

審査が甘いのは本当です。

仕事をしていないと借り入れできないとされていますが、私は内職の仕事でも審査通りました。

実際の内職の仕事は出来高制で月に3万もらえればいい方でしたが、勝手に時給に換算して月収9万くらいだと言って嘘の申告をしてもバレることはなかったです。

会社も内職部門と普通の部門があったので、内職部門と言って在籍確認をしても実際に私は内職しているので、簡単に確認できます。

その流れで、アコムからは36万円まで融資してもらうことに成功しました。

月収3万でバレずに36万円も借り入れできるなんて、審査も甘いと思いませんか?

自身のない方は、最初からアコムで申し込むのもいいと思います。

消費者金融のカードローンを利用中に収入証明は必要になる?

大手消費者金融のカードローンを契約する場合、50万円を超える契約額、もしくは他社借り入れ額との合計が100万円を超える場合は、収入証明が必要になります。ですが、収入証明が必要なのは、契約時だけではありません。例として、プロミスの場合、契約中も2年や3年毎、最長5年毎に提出が必要になります。

特に他社借入が無く、契約額増えていない場合には収入証明の提出することがデメリットとはなり得ません。しかし、契約期間中に他社借入も増えている場合、契約時に提出が不要だったとしても、追加提出が必要になります。さらに、所得証明の金額により、総量規制つまり年収の1/3を超える可能性が高くなる場合、一時的な新規借り入れ停止、契約更新が出来ないなどもデメリットも生じてきます。

そのため、申し込み時に所得証明書不要の条件で利用出来る消費者金融のカードローンを複数契約していたとしても、結果的にすべての会社へ所得証明を後々提出する必要も生じるため、可能な限りカードローンの所有は1枚に限定するなどの対策が重要になります。

大手消費者金融のカードローンは、申し込み時の1回だけ提出すれば良いということではない点を予め理解し、利用限度額の減額や利用停止を防ぐことも肝心です。