カテゴリー: カードローンガイド

限度額ありますから考えて借りましょう!

よく、キャッシング会社のうたい文句で『貸し付け最高○○万円まで!』なんて書いてあるのを見ますよね?

最初、見た時『そんなに貸してくれるの?』と思ってしまいました(笑)その謎は自分がキャッシング会社を

利用する時に解けました(笑)

『生活費が足りない!』となった時に以前プロミスさんにお世話になった時の事です。無人契約機におもむき

契約するために個人情報をポチポチと打ち込んでいきます。すると自分の収入に見合った貸付の限度額が提示

されます。それで大丈夫ならば契約しますよ~という事なのです…まあ収入に見合っていなければ返済も滞り

ますからキャッシング会社としては当然ですよね(笑)

ちなみにパートだった私は限度額30万円まででした。でもこれだけ上限で借りれれば私としては生活費が足り

したから助かりました。審査も簡単で仕事場に『○○さんいますか~?』程度の所在確認なので自分が『お金

を借りている』というのは周りの人に知られる事はありません。別段悪い事をしている訳ではないのですが、

何となく『後ろめたい』気持ちがあるのは確かです(笑)でも無人契約機だと人にも会わないでコッソリ契約したり

返済もできますので安心です!

貸付金額は自分の収入と見合った金額になってますので、よく考えてから借りましょうね!

各社のキャッシングをよく調べるようにしましょう

キャッシングの利用ができる身近な金融機関には銀行と消費者金融があります。銀行系のキャッシングも消費者金融系のキャッシングも各社によって微妙な違いがあります。キャッシングを利用する際は公式ホームページを必ず見て、サービス内容の詳細を確認して自分に合ったキャッシングを見つけるのが良いでしょう。

銀行系と消費者金融系のキャッシングを比較した場合、金利の面では銀行系のものが利用者としてはメリットが大きいと言えます。銀行系のキャッシングを利用する際の金利は消費者金融系のものより数%ほど低くなっているからです。

数%の差なので返済期間が短ければ大きな違いは出てきませんが、返済期間が長くなると無視できない金額となるでしょう。返済まで時間がかかりそうなときは銀行系のキャッシングへの申し込みがおすすめとなります。

短期間で返済できるという場合は消費者金融系のキャッシングに申し込んでみるのも良いでしょう。なぜなら、消費者金融のなかには所定の期間内の利息を無料としているところもあるからです。利息を無料とすることができれば銀行系のキャッシングを利用するよりメリットは大きくなります。

キャッシングのなかには利息が無料となるものまでありますので、キャッシングに申し込む前には各社のサービス内容を詳細に調べて少しでも自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

カードローンのメリット

カードローンのメリットについて3つほど挙げます。
1つ目としてカードローンは、他の目的別ローンとは異なり、お金の使い道を気にすることなく
お金を借り入れすることができるという点です。

通常、ローンといえば、住宅購入、車購入など購入目的に応じて、見積書を提出し
審査を経てお金を借りるという流れですが、カードローンの場合は特に見積書を必要とせず
審査をおこなえます。

2つ目は、限度額までであれば、何度でも借り入れを行うことができるという点です。
例えば50万円を限度に借りた場合、一度50万まで借りて、返済の途中で限度額まで
少し余裕ができれば、また借り入れを行うことができます。

返済の途中でも急な出費などあれば再度借り入れをしてまた返済ということができるので、
とても便利です。

3つ目は、簡単にお金を借りることができるという点です。
多くのカードローンは、ATMでお金を引き出すことができます。

通帳からお金を下ろすのと同じような感じでお金を借りることができるので、
一度手続きをすればその後の借り入れはとても簡単に行うことができます。

また、返済もATMで返済していくこともでき、まとまったお金が入れば
一括で返済することも可能です。

カードローンは以上のことからとても便利なローンであるといえます。

キャッシングの利用限度額はいくらまで?

キャッシングの利用限度額などについて説明します。

クレジットカードでキャッシングを行うときには、自分がいくらまで利用できるのかを知っておきましょう。

勘違いしないでほしいのは、決して無制限に使えるわけではありません。キャッシングで借り入れできるお金は、キャッシング枠という利用限度額が設定されています。

必要な金額がキャッシング枠を超えているときは、他の方法で借りるのも検討しましょう。

しかし、超えていないからといって、必ずしも借りられるわけではありません。

というのは、キャッシング枠の他にショッピング枠というのがあり、クレジットカードで買い物をした分や、光熱費、通信費などが含まれます。

このショッピング枠との兼ね合いによって借りられる額が決まるので、場合によっては借りれる額が少なくなることもあります。

アルバイトがキャッシングを受ける際の注意点

アルバイトをしている方で、どうしても急なお金が必要になったら困りますよね。

そんな場合、キャッシングの利用を検討するかと思います。

しかしアルバイトの稼ぎでもキャッシングの審査に通るのか、不安を感じている方も多いかと思います。

基本的に成人していて、定期的な安定収入さえあればお金を借りることが可能になります。

ですので、真面目にアルバイトをしている方であればまず問題ないでしょう。

しかし、注意が必要になるのが借入限度額です。

アルバイトの場合、一部の例外を除いて正社員に比べて収入は抑えがちですよね。

さらに信用の問題も、やはりアルバイトは正社員に比べたら劣ってしまいます。

なので審査の通過は問題ないけれど、借入額の大きさはあまり期待できないと言えますね。

このように、例えアルバイトでも安定した収入が見込めていれば審査に落ちる心配もありません。

大きな額を望んでいないのであれば、まったく問題ないと言えるでしょう。

もし数百万円といった高額なお金が必要な場合は総量規制に引っかかってしまいます。

昨今は正社員でなくアルバイトで生活している人も多いので、気になる問題ですよね。

借入限度額が気になる方は、事前に金融会社に確認すると良いでしょう。

無人 自動契約機でのキャッシングについて

初めてキャッシングをする際に無人の自動契約機にて借入をしました。お金を借りることに抵抗があったので、無人で人と顔を合わせることが無く、契約機が置いてある場所も入口が人目につかないようになっていたことにまず安心しました。

建物の中に入ると照明も明るく、他の利用者さんとも顔を合わせなくてすむような待合室の作りになっていてとても気配りをされているつくりでした。

オペレーターの方とは設置されている電話でのやり取りでしたが、対応してくれるオペレーターの方もとても穏やかな話し方で説明もすごくわかりやすかったため、戸惑うことなく利用ができるだけではなく、不安感が取り除かれて安心して最初の利用が出来たことを強く覚えています。

これから無人契約機は減っていく?

キャッシングの定番と言えば無人契約機ですが、これから無人契約機は減っていくとの予想がされます。

既にモビットが自動契約機を統合により、モビット独自の無人契約機をすべて撤廃している状況です。

他にも、統合などによって数を減らしているようなケースもあります。

これは、現代ではインターネットを利用することによってWEB完結で契約が完了するため、店舗が必要なくなってきていることや、

店舗自体が存在していることによって、年間に結構な運営コストが結構かかってしまうため、店舗自体をちょっとずつ減らしているようなことがあるためです。

そういった時代の流れにより、今後も無人契約機を設置しているところは減っていってしまうでしょう。

学生でのキャッシングは学生であることは言うほど重要ではない

学生におけるキャッシングのサービスというのはまず二十歳以上であれば別に学生であれも問題はないということになります。年齢的にはそうです。その上で収入がきちんと安定して存在しているということがかなり重要な要素になります。

そうでないとそもそも返すことはできないということがありますのでその点をよく理解しておきましょう。大学生であろうともアルバイトなどで収入がありその上で二十歳を超えているというのであれば確実というわけではないですが貸すことができる条件にはクリアしている可能性が高いです。学生であるということが必ずしもだめという条件に入るわけではないと理解しておきましょう。割と知られていない部分といえるでしょう。

キャッシングは未来の収入を前借するサービス!長期利用で未来に使えるお金も減る!

キャッシングは、急な出費から纏まった出費まで対応できるため、手元にお金がない時には便利です。しかし、金利設定により利息を支払うものでもあり、これは利息という対価を支払い融資を受けるサービスでもあります。そして、キャッシングは未来の収入を前借するものとなっています。

キャッシングによりお金の不足を補えるものの、実質的には未来に自由に使用できるお金も減ってしまうといった問題があります。特に注意するべきことは、金欠状態が慢性化している方の場合、キャッシング利用による対価の支払でより金欠を悪化させてしまうということです。

キャッシングを利用して良いのは、お金の不足が一時的もしくは短期間であり直ぐに返済できるかどうか、または将来的に収入アップが確実であるかどうかです。毎月たった数千円や1万円の返済額だからといって甘く考えると、返済不能となり、返済が遅れ遅延損害金が加算され、負の連鎖に陥ってしまいます。

先ずは、その借り入れが本当に必要なのか慎重に判断することが重要です。特に生活に大きな支障がなく、商品やサービスの購入を直ぐに行う必要がないという時にはキャッシングに頼らないことも重要です。

カードローンは生活を応援してくれる利便性の高いものです。

お金を借りるということに抵抗感のある人も多いと思いますが、カードローンは上手に利用すればとても利便性の高いものです。

例えば、友人の飲み会で盛り上がり二次会に行こうという話になった時など、いつも財布に余裕があるわけではありません。カードローン会社のキャッシングはコンビニATMで24時間利用できるため、急な出費にも対応できるようになっています。

利息が付いてきますが友人から借りるよりもメンツは立ちますし、後の返済を巡って人間関係が崩れる恐れもありません。人から借りれば利息は払わなくてすみますが、そとことで人間関係に亀裂が生じるよりは、少しの利息を払ってでもキャッシングに頼った方が長い目で見ると利益は大きいです。

カードローンの選び方を工夫して利便性を高めるには

消費者がお金を借りたいと考えた場合、カードローンとキャッシングから選べます。キャッシングは消費者金融会社が提供している融資であり、カードローンは主に銀行や信用金庫が提供している融資ですので、貸金業法で定められている総量規制という仕組みを意識せずに、お金を借りたい場合にはカードローンを組み合わせるという方法が有効です。

カードローンは、メガバンクとネット銀行では貸付利率に差があります。これはネット銀行の方がメガバンクや信用金庫よりも様々な部分でコストカットが出来る点で有利であり、貸付利率が低くなっています。その為、返済の負担を減らしたいと考えている利用者にとってはネット銀行が展開するカードローンは適していると言えるでしょう。

フリーター、大学生だけれど…アルバイトでもキャッシングはできる?

成人している大学生やフリーターの方など、アルバイトをしている方も、いろいろな事情で急にまとまったお金が必要になることもあります。

そんなときに、アルバイトでもキャッシングに申し込むことができるのか、不安に思われる方も少なくありません。

基本的に、アルバイトを継続していて返済が可能だと判断されれば、アルバイトでもキャッシングに申し込むことができます。

キャッシングは「安定した収入がある人」と要件に入れられていますが、アルバイトの方でも在籍確認がきちんとできればキャッシングの申し込みができます。

そのために、例えばアルバイトを始めたばかりの方でも、きちんと職場の在籍確認さえできれば、キャッシングに申し込むことができるのです。

キャッシングの申し込みを諦めてしまう前に、ぜひスタッフと相談することがおすすめです。

アルバイトの人が初めてキャッシングを利用する場合の注意点

アルバイトとして働く場合には、月末の給料日前に家賃や公共料金の支払いで苦労することがよくあります。しかしキャッシングを上手に活用して当面の資金を確保すると、生活で困ることがなくなります。一方でキャッシングを初めて利用するときには、審査に通らなくて必要な金額を借りることができないと考える人がいるのも事実です。

けれども消費者金融や銀行は、安定した収入がある人には融資をしてくれるので、アルバイトであっても希望する金額を借りることは十分に可能です。またウェブサイトで申し込むときに、運転免許証などの必要な書類のスマホ画像を用意することが重要です。融資枠の上限が小さい時には審査も簡単なので、最初は無理をしないで必要最小限のお金を借りることが大切です。

カードローンなのにカードレスは可能?

最近カードローンはコンビニATMの手数料が無料のところが増えており、財布にローンカードを忍ばせている方も多いことでしょう。しかし万が一財布を落とした場合暗証番号のメモなども一緒に入れていたら、悪用される可能性は大です。脇が甘いと悪用されても返済するのは契約者本人となるので、暗証番号などのメモは財布に入れるべきではありません。なおローンカードを紛失した場合は、直ちに金融機関のコールセンターに電話して指示を仰ぎまょう。

このようにローンカードを持ち歩くのは危険ですし、ローンカードから家族などに借金がばれる可能性もあります。そこでカードレスで契約できるカードローンはないのかというと、プロミスやSMBCモビットならカードレスで契約可能です。

周囲の人に知られずにお金を借りるならキャッシングが一番

お金を借りるという行為自体はそれほど恥ずかしいことではありません。キャッシングのサービスやカードローンなどのサービスがあることからもわかるように、急にお金が必要になったようなときは誰しもそのようなサービスを利用して必要な金額を用立てることになるからです。

しかし、お金を借りたいと考えている人のなかには少なからず借金をするという行為に引け目を感じてしまい、できるならば誰にも知られずにお金を借りれないものかと思っている人もいるはずです。もしも、誰にも知られずにお金を借りたいというのならば、その方法としてキャッシングの利用をお勧めします。

キャッシングならば無人契約機やインターネット上からの申し込み手続きに対応しているので、わざわざ申し込みの手続きをしに店頭まで出向く必要がないからです。キャッシングの業者に出向くところを誰かに目撃されてしまう心配がないのです。

また、キャッシングでは保証人を立てたり、担保を用意する必要もないので誰かに迷惑をかける心配もありません。ただキャッシングを申し込んで審査に通過するだけですぐにお金を借りることができるので、周囲の人たちに内緒でお金を借りたいというときにはキャッシングに申し込みをするようにしてみてはいかがでしょうか。