作者別: haro

借金をし過ぎないための総量規制

キャッシングをする際には「総量規制」という言葉を耳にすることもあると思います。

総量規制は消費者金融などで用いられ、利用者の年収の1/3以上の貸し付けをすることはできないという決まりです。

金融機関としても貸し倒れのリスクを減らして損を減らすことができ、利用者が借金をし過ぎないようにするために作られた決まりといえます。

年収が低い人は多くの借金をすることはできないというのは当たり前のようにも思えますが、これによって専業主婦やパート・アルバイトの方など収入が少ない人も借り入れがしづらくなるという側面もあります。

総量規制の対象ではない銀行などの金融機関では収入に関係なく誰もがキャッシングに申し込める仕組みになっているところもありますが、収入は審査に大きく影響を及ぼす項目であることはどの金融機関も共通しているようです。

安心感を求めるなら金融機関系のカードローンを

消費者が気楽にお金を借りられるサービスとして消費者金融系のキャッシングのサービスは依然として人気がありますが、近年では金融機関系のカードローンを選択する人も増えています。金融機関系の提供しているカードローンは消費者金融系のキャッシングと比べて金利が安いというのがその理由です。

仮に同じ金額を借り入れたとしてもキャッシングと比べてカードローンの方が最終的に返済しなくてはならない金額が低くて済むのです。そのため、借り入れたお金の返済が心配だという方の場合、より金利の低い金融機関系のカードローンの方が安心してお金を借りることができるのです。返済の不安を感じることなく、安心してお金を借りたいのなら金融機関系のカードローンをお勧めします。

アルバイトの人が初めてキャッシングを利用する場合の注意点

アルバイトとして働く場合には、月末の給料日前に家賃や公共料金の支払いで苦労することがよくあります。しかしキャッシングを上手に活用して当面の資金を確保すると、生活で困ることがなくなります。一方でキャッシングを初めて利用するときには、審査に通らなくて必要な金額を借りることができないと考える人がいるのも事実です。

けれども消費者金融や銀行は、安定した収入がある人には融資をしてくれるので、アルバイトであっても希望する金額を借りることは十分に可能です。またウェブサイトで申し込むときに、運転免許証などの必要な書類のスマホ画像を用意することが重要です。融資枠の上限が小さい時には審査も簡単なので、最初は無理をしないで必要最小限のお金を借りることが大切です。

キャッシングの申し込みをする時に健康保険証が本人確認書類として適用されない事がある理由は?

キャッシングの申し込みをする時に本人確認書類を提出しなければいけません。それで健康保険証を提出しようと考えている人もいますが、業者によっては適用されない可能性もあるので注意しなければいけません。そこでなぜ健康保険証が本人確認書類として適用されない事があるのか理由を挙げていく事にしましょう。

健康保険証は公的な機関で発行されているので身分証明書の役割も果たします。しかし顔写真が掲載されていないのでお金の貸し借りをする時の身分証明としては不十分と考えてしまう業者もいます。また業者によっては運転免許証のみとなっている場合もあるので健康保険証が適用されない事があります。キャッシングをする時はなるべく運転免許証を本人確認書類として提出するようにしましょう。

安心して申込を行える自動契約機のキャッシング申込

多くの地域にキャッシングの自動契約機が設置されていて、申込をスムーズに実施することができます。周りの視線を遮断しているだけではなく、防音対策が行われていることがほとんどなので、申込に集中することができます。その他にも自動契約機は基本的にタッチパネル式が採用されているので、初めて申込をする方もほとんど困惑しないで、手続きを進めていく事ができます。

室内は快適な室温が保たれており、長時間利用することになっても心身ともに負担が発生しないように配慮されています。スピーディーにキャッシング手続きをしてくれる消費者金融の場合は、一時間ほどで全ての手続きを完了できる場合もあります。申込を少しでも完了させる事ができるように身分証明証の他に収入証明証なども準備しておくと安心です。

楽天銀行スーパーローンのメリットについて

カードローンに力を入れる銀行が増えている中、利用者数を伸ばしているのが楽天銀行のスーパーローンです。

楽天銀行スーパーローンのメリットとしては、金利が低いこと、ネット銀行なので(実店舗がないので)来店不要で申し込み手続きができること、カードローン利用状況に応じて楽天ポイントが貯まること、等が挙げられます。

さらに、スーパーローンと楽天銀行の口座開設を同時に申し込むと、初めての利用に限り30日間の無利息サービスを利用できます。金利は大手銀行のカードローンと同じレベルで、しかも無利息サービス付きになるので、利息を抑えることができます。

楽天スーパーローンに申し込む場合の注意点は、即日融資には対応していないことです。借り入れまでに時間の余裕がある場合は、おすすめのカードローンです。

審査が甘い?!アコムでキャッシング。

一般的に、審査が甘いとされているアコムですが、その話は本当なのか?

都市伝説的なものなのか?

本当に利用されたい場合は、とても気になる噂です。

私が試してみた結果…

審査が甘いのは本当です。

仕事をしていないと借り入れできないとされていますが、私は内職の仕事でも審査通りました。

実際の内職の仕事は出来高制で月に3万もらえればいい方でしたが、勝手に時給に換算して月収9万くらいだと言って嘘の申告をしてもバレることはなかったです。

会社も内職部門と普通の部門があったので、内職部門と言って在籍確認をしても実際に私は内職しているので、簡単に確認できます。

その流れで、アコムからは36万円まで融資してもらうことに成功しました。

月収3万でバレずに36万円も借り入れできるなんて、審査も甘いと思いませんか?

自身のない方は、最初からアコムで申し込むのもいいと思います。

銀行ローンを契約するときの注意点

消費者金融よりも銀行ローンの方が、罪悪感は少なくてすむかもしれません。

しかし、注意してほしいことが1点あります。

それは、銀行ローンには必ず保証会社というものがついていて、その保証会社は銀行のグループの消費者金融であることが一般的です。

たとえば、三菱東京UFJ銀行であればアコムやニコス、三井住友銀行であればSMBCフィナンシャルサービスが保証会社になっていること多いです。

保証会社の保証を受けられない場合には、銀行ローンの審査はおりないため、

すでにその消費者金融から借り入れを行っている場合には、その消費者金融の借入額や返済状況によっては契約を断られてしまうこともあります。

すでに消費者金融から借り入れをしている場合には、その消費者金融と同じグループの銀行は外す方が無難でしょう。

カードローンなのにカードレスは可能?

最近カードローンはコンビニATMの手数料が無料のところが増えており、財布にローンカードを忍ばせている方も多いことでしょう。しかし万が一財布を落とした場合暗証番号のメモなども一緒に入れていたら、悪用される可能性は大です。脇が甘いと悪用されても返済するのは契約者本人となるので、暗証番号などのメモは財布に入れるべきではありません。なおローンカードを紛失した場合は、直ちに金融機関のコールセンターに電話して指示を仰ぎまょう。

このようにローンカードを持ち歩くのは危険ですし、ローンカードから家族などに借金がばれる可能性もあります。そこでカードレスで契約できるカードローンはないのかというと、プロミスやSMBCモビットならカードレスで契約可能です。

金利0円期間を利用するとキャッシングの利息を減らせる

お金が足りない時の手段としてキャッシングは便利な借入方法です。審査を通過できればお金を引き出すことができるため、家族や知人など身近な人に頭を下げてお金を借りなくても自分の責任で足りない分を用意することができます。

キャッシングはスピード審査だったり、借入したお金の使途は自分で決められたりなど魅力が多い一方で住宅ローンやマイカーローンに比べて金利は高いです。金利が高ければそれだけ多くの利息が発生することになり、返済の負担が増えてしまいます。

しかし、金利0円期間を設けている業者を利用すると、期間内に返済をしてしまえば利息は発生しないのでお得です。そのため、キャッシングをする時は利用する業者をしっかりと選ぶことが大事です。

債務不履行から7年で楽天ローンが通った

数年前のことになりますが、どうしても借りていたカードローンやクレジットカードの決済が出来ず、返済不履行に陥ったことがありました。

もしかしたらブラックリストに載ったのかもしれませんが、本当のところはよく分からないままそれ以降は、クレジットカードやカードローンの類は一切持たずに過ごしてきました。

しかし、先立つものがないとき、カードローンほど便利なものもありませんから、どうしても1枚くらいは作っておきたいと思っていたとき、ネットで調べると、楽天ローンは比較的通りやすいことが分かりました。

改めて債務不履行を起した最後の年を調べ直すと、7年が経過していました。仮にブラックリストに載っていても、7年経つと情報が消えるとの噂もあります。

申し込みをしたら一発で通りました。大事に使うつもりです。

銀行の借り換えをするタイミング

車や住宅など高額な借り入れをしてしまった後に後々の返済に困ったりするケースが多々あります。

その際にどのようにして返済に困らないようにしていくのかが重要です。銀行では借り入れをした際には必ず金利というものが発生してしまいます。その際に銀行の借り換えというものが出来ます。

タイミング的にもこの銀行の金利は思ったよりも高いと感じた時が一番のポイントです。他社の金利より安い金利になる場合があります。今借り入れをしている銀行の金利よりも安い金利で借り入れをすることが出来る為、元金の返金や金利を多く払うことがなくなるのです。

1社の銀行のみで審査し借り入れシミュレーションを行っていない人にも銀行の借り換えはお勧めです。

周囲の人に知られずにお金を借りるならキャッシングが一番

お金を借りるという行為自体はそれほど恥ずかしいことではありません。キャッシングのサービスやカードローンなどのサービスがあることからもわかるように、急にお金が必要になったようなときは誰しもそのようなサービスを利用して必要な金額を用立てることになるからです。

しかし、お金を借りたいと考えている人のなかには少なからず借金をするという行為に引け目を感じてしまい、できるならば誰にも知られずにお金を借りれないものかと思っている人もいるはずです。もしも、誰にも知られずにお金を借りたいというのならば、その方法としてキャッシングの利用をお勧めします。

キャッシングならば無人契約機やインターネット上からの申し込み手続きに対応しているので、わざわざ申し込みの手続きをしに店頭まで出向く必要がないからです。キャッシングの業者に出向くところを誰かに目撃されてしまう心配がないのです。

また、キャッシングでは保証人を立てたり、担保を用意する必要もないので誰かに迷惑をかける心配もありません。ただキャッシングを申し込んで審査に通過するだけですぐにお金を借りることができるので、周囲の人たちに内緒でお金を借りたいというときにはキャッシングに申し込みをするようにしてみてはいかがでしょうか。

超低金利が魅力の近畿ろうきんの「笑くぼ」

近畿地方にお住まい(お勤めの方も含む)の方でとにかく低金利でお金を借りたいなら、近畿ろうきんの笑くぼというカードローンがオススメです。融資限度額30万円・50万円・100万円と少なめですが、金利が年7.9%とプレミアムカードローン並みの低さとなります。

笑くぼへの申し込み条件は、まず近畿2府4県にお住まいかお勤めの方で、満20歳以上65歳未満の方です。さらに年会費無料の近畿勤労者互助会に入会し、近畿ろうきん指定の保証機関の保証が受けられることです。ちなみにパートやアルバイト、主婦の方でも50万円まで申し込めます。

笑くぼへの申し込みは、公式サイトの「仮申し込み」から行います。仮審査回答は最短即日でもらえます。その後申し込み書が郵送されて来て、記入して返送します。そしてカードが郵送されて来てからの利用開始となるので、最短でも申し込みから2週間はかかってしまいます。

借入や返済は提携ATMだけでなく、インターネットバンキングでも可能です。ちなみに提携ATM手数料は後で口座にキャッシュバックされるので、実質無料となります。また毎月の最低返済額は、各コース5000円・10000円・15000円と楽々返済可能な金額に設定されています。

キャッシングの申込みはどれが一番早く借り入れできるの?

キャッシングの魅力は何と言っても借入までのスピーディーさですよね?お申込みの方法は今では多彩にありますが、実際にどの方法が一番早く借り入れを行えるのでしょうか?

まずは業者のお店へ行っての自動契約機または窓口での申込みです。直接店舗へ行くという事から一番早いというイメージがありますが、お店へ行くまでの時間をロスしますし、申込みからカードの発行まで約1時間ほどかかります。不安な点など直接聞きやすいというメリットはありますが、プライバシー的にはハードルが高いと言わざるを得ません。

続いては電話での申込みです。フリーダイヤルで24時間いつでも可能と言うのが大きなメリットで、電話で直接やり取りするのでスピーディーな気がしますが、審査結果自体はその場で教えてくれるものの契約はお近くの店舗へ出向くかネットで契約手続きを踏む必要があります。この手続きを含めると1時間程度は最低でも必要となるでしょう。

最後はインターネットやスマホアプリを使った申込みです。申し込みフォームに必要事項を入力して送信すると、業者によりますが早い場合は30分程度で審査完了となり契約自体もネットやスマホアプリで完了出来るほか、キャッシングもあなたの口座へ振込みしてくれます。従って、実際の借り入れまで早ければ1時間以内で完了できるのです。ネットなら一番スピーディーな借り入れが可能。賢く活用してみてください。

消費者金融のカードローンを利用中に収入証明は必要になる?

大手消費者金融のカードローンを契約する場合、50万円を超える契約額、もしくは他社借り入れ額との合計が100万円を超える場合は、収入証明が必要になります。ですが、収入証明が必要なのは、契約時だけではありません。例として、プロミスの場合、契約中も2年や3年毎、最長5年毎に提出が必要になります。

特に他社借入が無く、契約額増えていない場合には収入証明の提出することがデメリットとはなり得ません。しかし、契約期間中に他社借入も増えている場合、契約時に提出が不要だったとしても、追加提出が必要になります。さらに、所得証明の金額により、総量規制つまり年収の1/3を超える可能性が高くなる場合、一時的な新規借り入れ停止、契約更新が出来ないなどもデメリットも生じてきます。

そのため、申し込み時に所得証明書不要の条件で利用出来る消費者金融のカードローンを複数契約していたとしても、結果的にすべての会社へ所得証明を後々提出する必要も生じるため、可能な限りカードローンの所有は1枚に限定するなどの対策が重要になります。

大手消費者金融のカードローンは、申し込み時の1回だけ提出すれば良いということではない点を予め理解し、利用限度額の減額や利用停止を防ぐことも肝心です。