キャッシングの申し込みをする時の本人確認について

キャッシングの申し込みをする時の本人確認について

キャッシングサービスの申し込みをする際には、本人の身元を確認するために、「本人確認書類」の提出が必要です。

キャッシングサービス利用申込書に、利用者本人が記入した氏名や住所が、本人のものに間違いがないかどうかを、提出した書類と照合し、本人確認をします。

本人確認書類は、氏名、住所などが記載されている「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」のいずれか1点でかまいません。

もし、結婚などで名字が変わったり、引越しなどで住所が変わった場合は、キャッシングサービスの申し込みをする前に、きちんと変更の手続きをしておくことが大事です。

キャッシングサービスの申し込みは、窓口以外に、自動契約機で申し込みをすることもできます。

自動契約機で申し込みをする場合は、本人確認書類をスキャンして、画面で本人確認が行われますので、キャッシングサービスを申し込みする時は、必ず書類が必要になります。

haro

投稿者:haro