周囲の人に知られずにお金を借りるならキャッシングが一番

周囲の人に知られずにお金を借りるならキャッシングが一番

お金を借りるという行為自体はそれほど恥ずかしいことではありません。キャッシングのサービスやカードローンなどのサービスがあることからもわかるように、急にお金が必要になったようなときは誰しもそのようなサービスを利用して必要な金額を用立てることになるからです。

しかし、お金を借りたいと考えている人のなかには少なからず借金をするという行為に引け目を感じてしまい、できるならば誰にも知られずにお金を借りれないものかと思っている人もいるはずです。もしも、誰にも知られずにお金を借りたいというのならば、その方法としてキャッシングの利用をお勧めします。

キャッシングならば無人契約機やインターネット上からの申し込み手続きに対応しているので、わざわざ申し込みの手続きをしに店頭まで出向く必要がないからです。キャッシングの業者に出向くところを誰かに目撃されてしまう心配がないのです。

また、キャッシングでは保証人を立てたり、担保を用意する必要もないので誰かに迷惑をかける心配もありません。ただキャッシングを申し込んで審査に通過するだけですぐにお金を借りることができるので、周囲の人たちに内緒でお金を借りたいというときにはキャッシングに申し込みをするようにしてみてはいかがでしょうか。

超低金利が魅力の近畿ろうきんの「笑くぼ」

近畿地方にお住まい(お勤めの方も含む)の方でとにかく低金利でお金を借りたいなら、近畿ろうきんの笑くぼというカードローンがオススメです。融資限度額30万円・50万円・100万円と少なめですが、金利が年7.9%とプレミアムカードローン並みの低さとなります。

笑くぼへの申し込み条件は、まず近畿2府4県にお住まいかお勤めの方で、満20歳以上65歳未満の方です。さらに年会費無料の近畿勤労者互助会に入会し、近畿ろうきん指定の保証機関の保証が受けられることです。ちなみにパートやアルバイト、主婦の方でも50万円まで申し込めます。

笑くぼへの申し込みは、公式サイトの「仮申し込み」から行います。仮審査回答は最短即日でもらえます。その後申し込み書が郵送されて来て、記入して返送します。そしてカードが郵送されて来てからの利用開始となるので、最短でも申し込みから2週間はかかってしまいます。

借入や返済は提携ATMだけでなく、インターネットバンキングでも可能です。ちなみに提携ATM手数料は後で口座にキャッシュバックされるので、実質無料となります。また毎月の最低返済額は、各コース5000円・10000円・15000円と楽々返済可能な金額に設定されています。

キャッシングの申込みはどれが一番早く借り入れできるの?

キャッシングの魅力は何と言っても借入までのスピーディーさですよね?お申込みの方法は今では多彩にありますが、実際にどの方法が一番早く借り入れを行えるのでしょうか?

まずは業者のお店へ行っての自動契約機または窓口での申込みです。直接店舗へ行くという事から一番早いというイメージがありますが、お店へ行くまでの時間をロスしますし、申込みからカードの発行まで約1時間ほどかかります。不安な点など直接聞きやすいというメリットはありますが、プライバシー的にはハードルが高いと言わざるを得ません。

続いては電話での申込みです。フリーダイヤルで24時間いつでも可能と言うのが大きなメリットで、電話で直接やり取りするのでスピーディーな気がしますが、審査結果自体はその場で教えてくれるものの契約はお近くの店舗へ出向くかネットで契約手続きを踏む必要があります。この手続きを含めると1時間程度は最低でも必要となるでしょう。

最後はインターネットやスマホアプリを使った申込みです。申し込みフォームに必要事項を入力して送信すると、業者によりますが早い場合は30分程度で審査完了となり契約自体もネットやスマホアプリで完了出来るほか、キャッシングもあなたの口座へ振込みしてくれます。従って、実際の借り入れまで早ければ1時間以内で完了できるのです。ネットなら一番スピーディーな借り入れが可能。賢く活用してみてください。

消費者金融のカードローンを利用中に収入証明は必要になる?

大手消費者金融のカードローンを契約する場合、50万円を超える契約額、もしくは他社借り入れ額との合計が100万円を超える場合は、収入証明が必要になります。ですが、収入証明が必要なのは、契約時だけではありません。例として、プロミスの場合、契約中も2年や3年毎、最長5年毎に提出が必要になります。

特に他社借入が無く、契約額増えていない場合には収入証明の提出することがデメリットとはなり得ません。しかし、契約期間中に他社借入も増えている場合、契約時に提出が不要だったとしても、追加提出が必要になります。さらに、所得証明の金額により、総量規制つまり年収の1/3を超える可能性が高くなる場合、一時的な新規借り入れ停止、契約更新が出来ないなどもデメリットも生じてきます。

そのため、申し込み時に所得証明書不要の条件で利用出来る消費者金融のカードローンを複数契約していたとしても、結果的にすべての会社へ所得証明を後々提出する必要も生じるため、可能な限りカードローンの所有は1枚に限定するなどの対策が重要になります。

大手消費者金融のカードローンは、申し込み時の1回だけ提出すれば良いということではない点を予め理解し、利用限度額の減額や利用停止を防ぐことも肝心です。